不要な水分が溜まり、脚太りしてしまう【むくみ】

むくみは女性の大半が経験する下半身に起こりやすいトラブルの一つです。主に細胞の隙間から漏れた水分が溜まってしまい、むくみとなって表面化されてきます。そして下半身に出やすいのが特徴となります。これは普段から人間は重力を感じているため血液や水分というのは下方へ下方へと下がっていくことから症状が下半身に出やすいのです。

ただし顔や手にもむくみ症状を感じる方がいます。これは睡眠時に下半身に溜まっていた余計な老廃物や水分はうつ伏せになり上半身に移動してくるため。

基本的には起きてから数時間もすれば顔や手のむくみというのは下半身へと移行してきます。

エステティシャン時代ではよくサロンに訪れる人の大半が浮腫み症状に悩まされていました。むくみができている場合は皮下脂肪も多い傾向があり、脂肪燃焼とリンパドレナージを合わせてむくみを解消させるのが一般的となります。

むくみの予防は食事や生活習慣

脚太りをさせないためにもむくみまない体質を作ることが大切となります。ここで必要となるのが栄養のある食材と生活習慣です。体内に溜まった余計な水分を排泄する栄養としてカリウムがあります。野菜やフルーツに含まれる成分ですので、食生活では肉類よりも野菜中心に食事を心がけることがむくみ予防の第一歩に。

生活習慣ではしっかりとした睡眠をとり、体や脚に疲れを残さないことが大切となります。夜更かししたり、夜食を食べたりするのは健康以外にも肥満体型を作る一番の原因となります。

さらにお風呂上がりには血液循環をよくするためにマッサージを行ったり、ストレッチを行うことが有効となります。軽度のむくみ症状であればこういった作業を行うだけでも翌日の違いを実感できるはずです。

筋力をつけることもむくみ解消に繋がる!

女性は筋力が量が少ないです。むくみといった症状の多くは女性が悩むトラブルです。男性との違いにこの筋力があります。筋肉がないと血液や水分を上に押し上げる筋ポンプと呼ばれる働きが弱いため、下半身に溜まった不純物を押し上げることができないのです。

現に女性アスリートの方々はむくみ症状と無縁の関係にあります。それは筋力があるから。日頃からトレーニングをして下半身に筋肉があるので「むくみ」といった症状が起こらないのです。

生理的なむくみが繰り返し起こる場合はまず筋力をつけることも視野に入れてみると良いと思います。その上で食生活や生活習慣にも気をつけていくことで下半身や脚を綺麗にすることができます。